2013年05月26日

平成27年1月1日からの相続税

今年3月29日成立した相続税の取り扱いについては、平成27年1月1日から適用されることになりましたね。
これまで相続税を納めることとは無縁で、相続に関心を持たなかった人も相当相続税を納める義務が発生するようですよ。
現在は、基礎控除額が、5000万円+1000万円×人数ということで、相続税を納める対象にならない層が殆どではなかったのではないでしょうか。相続税納付対象国民の割合は、4%ほどで、100人中4人ほどということですね。ところが新税法では、基礎控除額が、3000万円+600万円×人数ということになります。
単純な例を挙げてみましょう。
(例1)相続額6000万円 法定相続人、子供2人
 現行:基礎控除額が、7000万円ということで、税額0円
 新制度:基礎控除額が、4200万円
     (6000−4200)×1/2×0.1=90万円 税額90万円

(例2)相続額1億円 法定相続人、子供2人
 現行:基礎控除額が、5000万円+1000万円×2=7000万円 
    税対象額3000万円×1/2=1500万円 
    税額 1500万円×0.15-50万円=175万円 175万円/1人
 新制度:基礎控除額が、3000万円+600万円×2=4200万円
     税対象額(1億円ー4200万円)×1/2=2900万円
     税額 2900万円×0.15-50万=385万円 385万円/1人
となりますね。例1のケースで90万円、例2のケースでは、210万円の増税となってきます。
無縁と思われている人でも、結構税金の支払い対象ケースに入ることになります。不動産等を
持っておられる被相続人の場合は、注意が必要ですね。
昨今のなかなか先が見通ししづらい環境下では、思わぬ出費に悩まぬためにもある程度は、
自分の立ち位置を知っておくことも必要ではないでしょうか。
尚 未成年者控除は、成人するまでは、1年につき10万円となり、死亡保険金の非課税枠は、
500万円×法定相続人の人数となります。
posted by 宮越廣志 at 17:48| Comment(0) | 雑記

2013年05月15日

妙高の旅

5月の連休後に家族3人で父母の墓参りで久々に妙高へ。
出発当日の雨も夜には上がり、翌日からは五月晴れ。
高原の空気、懐かしい温泉、懐かしい山菜、そして
これも懐かしい頸城牛を食す。CIMG1616.JPG
愛犬は、残念ながら同伴できずペットホテルで留守番。
妙高の麓の赤倉は、いたる所に残雪が残り、昼間の初夏
を思わせる暑さから一変、朝晩は、肌寒い。
つくしや花開いた後のふきのとうが目に入る。
子供のころに練習したスキー場は、今は駐車場となっていた。
CIMG1613.JPG
posted by 宮越廣志 at 09:10| Comment(0) | 日記